FC2ブログ

建築屋 あずまの miyabi日記

4つのSで「すまい」を考える 香住、但馬、山陰の設計事務所 建築設計室 雅-miyabi-のブログ

雨樋にはカバーが必要だ

雨樋にはカバーが必要だ。

降ってきた雨が屋根を伝い、軒樋で受けられて竪樋に集まり、地中埋設管を通って敷地外に放流されます。
軒樋で溢れてしまっては意味がないので、屋根の面積と勾配から計算によって軒樋のサイズと竪樋のサイズ、本数を決めます。
これで雨が降っても安心です。
しかし、中にはそうとも言えない条件の敷地があります。
それは山や大きな樹木が隣接している場合。
そうです。
落ち葉がわんさか落ちてきます。
もちろん屋根にも。
屋根に落ちた葉っぱは、雨によって流されて軒樋に集まります。
軒樋から雨水に乗って竪樋への落とし口に集まります。
そうなると大変。
竪樋への落とし口が葉っぱで塞がれて、軒樋の雨は流れていきません。
せっかく計算して取り付けた樋も、葉っぱが詰まって雨が流れないと意味がありません。

そんな時に活躍するのが雨樋のカバー。
eslonet
筒状の樹脂製ネットを樋の中にはめ込むだけですが、葉っぱが樋に落ち込むのを防いで、雨水はしっかりと排水してくれます。
時々掃除は必要ですが、葉っぱは乾けば飛んでいきます。

計画中の住まいは敷地裏に山があるので、落ち葉対策が必須です。
いくつか比較検討して良いものを提案したいと思います。

暮らしの求める大事なこと。
そこから始まる家造り、部屋づくり。
当事務所と一緒に始めませんか?

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ←建築家ランキングに参加しています。是非、ワンクリックを! 
        クリックいただけると更新の励みになります 
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://miyabiarch.blog116.fc2.com/tb.php/450-90326922
該当の記事は見つかりませんでした。